古銭買取業者の人気ランキング

MENU

古銭買取業者の人気ランキング

古銭がある、できれば高く買い取ってもらいたいという時には、ぜひ

人気の古銭買取業者に査定依頼をしていただきたいと思います。

 

リサイクルショップなどに売ってしまうと、その価値に見合った買取金額が付かないことが多いので注意してくださいね。

 

 

 

古銭買取業者で常にランキング上位に来る人気店といえば
「買取プレミアム」があります。
無料の出張訪問をやっていますし、買取方法は郵送、持ち込みもあるので自分に合った方法を選べて便利です。
相談は無料ですし、出張費も査定費も無料!納得いく査定額が出たらその場で現金がもらえるのが人気の秘訣です。

 

 

他にはインターネット古銭買取業者の「福ちゃん」があります。
出張買取だけではなく、宅配買取も可能になっていますし、古銭で気になる傷や汚れなどについてもしっかりと対応してもらうことができますよ。買取にかかる費用は一切無料になていますので、手元に売りたい古銭がある場合には、まず福ちゃんで査定を受けてみることを勧めします。

 

「スピード買取り.jp」はその名前の通りにスピーディーな査定、買い取りが可能な買取店としてかなり人気になっています。日本全国、出張・宅配・持ち込みに対応しています。
また古銭はどうしても汚れなどが気になる物が多くありますが、スピード買取り.jpではこのような古銭であっても全く問題がないという点もうれしいですよね。

 

「買取龍馬くん」も人気が高い買取業者になっています。買取りは郵送、出張、店頭とバリエーションがあります。古銭の買取では、たった1点からでも対応してもらうこと事が出来るという点は嬉しいですよね。古銭は一見で価値があるのかどうかはなかなか分かりませんよね。でも、買取龍馬君の場合には、場合のよっては額面以上の価値があるものをちゃんと見抜いてくれますよ。手元に価値がよくわからない古銭があるという場合には、これらの買取業者で査定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

古銭買取業者の中でも人気が高いのは、「福ちゃん」「スピード買取り.jo」「買取龍馬くん」があります。
宅配買取などにも対応しており、古銭の価値をしっかりと判断してくれますよ。

古銭買取で査定される箇所

古銭というのは、その名前の通りに古いお金です。

貨幣価値という意味ではほとんどなく、額面以上のものでもありませんが、
場合によっては額面以下の価値しか見いだせないこともあります。

 

さらに現在の貨幣単位とは違う、海外の古銭となると、まったく価値がないと言われてしまう事がありますよね。
でも、見る人が見れば、その古銭にはかなりの価値がある。
大金を支払っても欲しい。という人もいるんです。

 

では、買取ではどのあたりをチェックするものなのでしょうか?
記念硬貨や記念コインの場合、ブリスターパックに入っているものがあります。
このブリスターパックに入っているのか、品質保証書などがあるのかという点は査定のポイントになってきます。

 

また、その記念硬貨や記念コインがどのくらいの量が鋳造され、どのくらい流通いているのかという点がチェックされます。
やはり鋳造量や流通量が少ない方が、価値としては高くなりますよね。
江戸古銭などの場合、証明書などは基本的にありませんよね。
さらに、昔は今ほど保管状態なども良くありませんし、鋳造技術も悪かったので、キズの多い古銭や汚れが付着している古銭も珍しくありません。

 

このような古銭の場合には、やはり希少性があるのか、そして古銭の状態じたいがどのようになっているのかということは査定ポイントになってきます。
希少性があれば、どんなに汚れていてキズがあったとしても査定は高くなりますよ。

 

 

 

古銭買取で注目される査定ポイントはやはり希少性があります。
記念硬貨やコインの場合には、ブリスターパックに入っているか、保証書があるのかという点も見られます。
江戸古銭などの場合には、キズや汚れよりも希少性が問われます。

 

 

 

古銭買取で高値がつくものとは

古銭と一言でいっても、様々なものがありますよね。

イメージとしては江戸古銭や大判・小判と呼ばれているものがありますが、
実はこれ以外にも紙幣や記念硬貨なども古銭買取では取り扱いがあります。

 

では、このような古銭の中で高値が付くものというのはどのようなものがあるのでしょうか?古銭の場合、やはり歴史的価値があるものは高値が付く傾向があります。

 

例えば、天正大判という古銭は、当時も贈答品として扱われていたような古銭だったそうです。当時の価値を今の金に換算した場合で、40万円ほどの価値があったそうです。
その天正大判でも、極印がしっかりとされ、
保存状態が良い場合には1億円の値が付くことがありますよ。

 

さらに驚くべきなのは海外の金貨の中には、99.99%の純金、重さ約1トンというオーストラリア造幣局がつくったものでは、
43億3000万円という価値で取引がされたものもあるそうです。
この辺りは極端なものではありますが、一般には流通が殆どなく、希少価値が高い物という点は共通点としてあげられますよね。

 

記念硬貨というのも実は額面が高いほど額面以上の高値で取引をされることが多くなります。
例えば額面500円の記念硬貨よりも、額面1万円の記念硬貨の方が流通が少なく、
鋳造も少ないという希少価値が高く、プレミアが付くんです。
現在の貨幣でも、「エラー」があるという場合いは、価値が高くなります。
よく見ると他のお金とは違う部分があるという場合には、驚くほどの高値が付くことがありますよ。

 

 

 

古銭の中でも高値が付くのは、一般的な流通が殆どない物、希少価値が高いものなどになってきます。
もともとの鋳造量が少なく、流通が少ないものは、基本的には高値で取引されています。